映画

【スターウォーズを観る順番おすすめ】フル動画の無料視聴方法と、作品理解を深める解説(ネタバレなし)

スターウォーズの観る順番を紹介する画像
まめしば
まめしば
こんにちは、まめしばです。

2019年12月20日、映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が公開です。

1977年から続くスターウォーズシリーズが、ついに完結します。

これまで公開された映画作品は11本。
『スカイウォーカーの夜明け』などのエピソード1~9が9本と、スピンオフが2作品です。

これから初めてスターウォーズの世界に足を踏み入れる方にとって大変なのは、以下の三つです。

ここが大変
  • 公開本数が多い
  • 作品の公開順とストーリーの時系列が異なる
  • 世界観の奥行きへの理解が必要

何も知らずにエピソード11から順に見てしまうと、はっきり言ってスターウォーズの世界観や、その進化を楽しめません。

逆に言うと、作品を見るべき順番や、作品内の設定を軽く押さえておくだけで、楽しさが倍以上になります。

こちらの記事では、大のスターウォーズ好きの僕がオススメする「観るべき順番」と、ネタバレなしの作品情報を紹介します!

 

初めてのスターウォーズ作品は公開順に観るべき

スターウォーズを観るのなら、作品の公開順にしてください。
その方が絶対に楽しめます!

公開順に観るべき理由
  • 作品の映像表現や演出が、どんどん進化していく
  • 公開順に見ることで、 公開当時と同じ驚きが得られる
  • 三部作ごとに主人公が変わるので、公開順に見た方が頭に入りやすい

詳細を述べていきます。

作品の映像表現や演出が、どんどん進化していく

第一作の公開が1977年ということで、現代人からするとSF映画の古典です。
当時の制作技術としては最先端であっても、時間とともに表現の輝きが色褪せていくものです。

作品の公開順に見ることで、監督のジョージルーカスが本当に表現したかった映像へと進化していくのが、よーーーーーーく分かります。

公開順に見ることで、 公開当時と同じ驚きが得られる

スターウォーズは旧三部作、新三部作、続三部作で構成されています。
旧三部作から新三部作にかけて時間が巻き戻るので、旧三部作の設定がどのように生まれたのかが、新三部作で描かれてるんですね。

公開順に観ることで、公開時と同じように「あー、これのことを言っていたのか!」みたいな驚きがあります。
作品内の時系列でいきなり見てしまうと・・・、その感動はまったく無くなります。。。

公開順に見た方が、作品やキャラクターへの愛着が深まる

スターウォーズは旧三部作、新三部作、続三部作ごとで、主人公が異なります。

作品やキャラクターへの理解を深めるには、

  1. ゼロからの成長過程を一緒に見ていく手法
  2. ある程度そのキャラクターのことを知った状態で過去に遡り、秘密を明らかにしていく手法

とがあります。
スターウォーズでは後者が採用されているため、 公開順に観ることで作品やキャラクターへの愛がより深まりやすくなります。

 

スターウォーズ作品の公開順と作品内の時系列まとめ

以下はスターウォーズの映画作品の公開順と、作品内の時系列です。
第一作がエピソード4って意味わからなくないですか?笑

シリーズ公開年タイトル監督
旧三部作1977エピソード4/新たなる希望ジョージ・ルーカス
旧三部作1980エピソード5/帝国の逆襲アーヴィン・カーシュナー
旧三部作1983エピソード6/ジェダイの帰還リチャード・マーカンド
新三部作1999エピソード1/ファントム・メナスジョージ・ルーカス
新三部作2002エピソード2/クローンの攻撃ジョージ・ルーカス
新三部作2005エピソード3/シスの復讐ジョージ・ルーカス
続三部作2015フォースの覚醒(エピソード7)J・J・エイブラムス
スピンオフ2016ローグ・ワンギャレス・エドワーズ
続三部作2017最後のジェダイ(エピソード8)ライアン・ジョンソン
スピンオフ2018ハン・ソロロン・ハワード
続三部作2019スカイウォーカーの夜明け(エピソード9)J・J・エイブラムス

元々、監督のジョージ・ルーカスが思い描いていたのはエピソード1から6です。

ただ、あまりにも壮大なストーリーのため、各作品のエンディングはどうしても中途半端になってしまいます・・・。
無名の監督が悠長にエピソード1から順に公開する資金的な余裕はなく、作品の構想を理解してくれる人もいません。

そこでジョージ・ルーカスは、まずは各作品の中で一番わかりやすく、単品としてもストーリーが成り立つエピソード4を第一作とました。

ちなみに、2012年にルーカスフィルムが米ウォルトディズニーに買収されたため、続三部作以降はディズニー映画となっています。

作品が公開されるごとにスターウォーズは進化し続けている

ディズニーのものとなって以降の続三部作やスピンオフ作品には、実は賛否両論あります。
昔ながらのスターウォーズを愛している人たちからすると、考えられない表現や設定が新しく生み出されているため、彼らにとってもスターウォーズの世界観とは合わないようです。

僕個人としては、旧作品の焼き直しではなく新しい試みを取り入れているディズニーの姿勢は、とても好意的に思っています。
むしろ、昔のスターウォーズは「科学技術が発展していない時代に頑張って考えたSF感」が惜しいなと思ってしまいます。。。
ライトセイバーという剣を使ったチャンバラ劇や、 宇宙船や戦闘機での戦闘でレーザー光線が飛び交うシーンなどは、昔ながらです。

ただ、1977年に初公開された作品なので、作品もファンも年老いていくものです。
新しい風を吹き込んで、新しいスターウォーズ・新しいファンを生み出していくことは、今後もスターウォーズが愛されていくための進化だと僕は考えています。

かといって僕が好きなのはスターウォーズであって、ディズニーはとてもビジネスライクな会社だなあという視点も持っていますが・・・。

まめしば
まめしば
でも、ディズニーのおかげでおかげでスターウォーズ作品を楽しめていることは間違いないので、本当に感謝しています!

 

スターウォーズの世界観を楽しむために少しだけ知っておくべき設定

スターウォーズとは、スカイウォーカー家の「家族の愛と喪失」の物語

スターウォーズシリーズは、エピソード9でひとまず完結を迎えます。
ひとまずというのは、65年以上に及ぶスカイウォーカー家のエピソードが完結する、という意味です。
エピソード1からエピソード9まで、どのエピソードにおいても、家族への愛・愛するゆえの苦しみ・そして家族の喪失が共通して描かれています。

表現としてはSFですが、 実際には愛という普遍のテーマを扱っていることで、スターウォーズは多くの人を惹きつけていると僕は考えています。

銀河共和国と銀河帝国と反乱軍

スターウォーズの世界の国家運営体制をざっくり把握しておきましょう。
ひらたく言うと、銀河共和国と反乱軍はヒーロー、銀河帝国は悪役です。

銀河共和国とは

銀河帝国が誕生するまで約1,000年間も銀河系を統治した民主主義の連邦国家。
ジェダイが支えている。

銀河帝国とは

民主的な手続きを経て誕生した、恐怖によって銀河を支配する帝国主義の独裁国家。
リーダーはシス。

反乱軍とは

正義や平和、民主主義を信じる帝国への反乱者たちの集まり。
銀河帝国の成立後に生まれ、共和国の中心にいた人や、帝国をよく思わない人達で構成されている。

ジェダイの騎士とは、「銀河の守護者」

銀河共和国には、「ジェダイ(jedi)」と呼ばれる戦士たちがいました。
フォースと呼ばれる不思議な力や、ライトセイバーというレーザー状の刀のような武器を使って、銀河の平和を守る存在です。

シスの暗黒卿とは、フォースの暗黒面を信じる者

ジェダイと同じくフォースを扱う、闇の存在。
銀河共和国やジェダイからがと敵対しています。

フォースとは、あらゆる生命をつなぐエネルギー

ジェダイやシスが扱う不思議な力。
すべての生き物や宇宙中に存在し、フォースを感じ、操ることができる者が稀にいます。
それがジェダイやシスです。
フォースにはライトサイド(光明面)・ダークサイド(暗黒面) の2つの側面があり、ジェダイは前者を、シスは後者を自分たちの力の源としました。

ドロイドは、大事なパートナー

いわゆるロボットです。
1~5の等級によって得意分野が異なり、直接的な戦闘・通訳・戦闘機の運転補助など、ドロイドによって様々な役割が与えられます。

各エピソードのあらすじと評判は別記事で紹介

別記事でエピソード1~9のあらすじと評判、動画を無料視聴する方法を紹介しています。

 

スターウォーズ全作品を無料で見る方法

スターウォーズを見てみたいという方は、まずは動画配信サービスを使いましょう。
ここで紹介する二つの方法なら、どちらも無料でスターウォーズを見ることができます。

全作品を一気に見たいならディズニーデラックス

ディズニーデラックスは、月額700円(税抜き)の動画配信サービスです。
なんとディズニー、ピクサー、スターウォーズ、マーベルの映画・TV番組が見放題になります。
しかも、初回31日間の利用は無料なので、あまり使わない場合は期間内に解約すれば一切お金はかかりません。
圧倒的にお得です・・・!!

ディズニーデラックス公式サイト

ディズニー以外の洋画や邦画も楽しみたいならU-NEXTがおすすめ

U-NEXTU-NEXT公式より

U-NEXTなら、月額1,990円(税抜き)でディズニー作品以外も楽しめます。
こちらも初回31日間は無料で、期間内に解約すれば無料です。
ディズニー作品は毎月もらえるポイントを使えば無料で視聴できますよ。
ディズニーデラックスと並用してみて、気に入った方だけ続ければOKです!

\いますぐ無料おためし!/

31日間無料でU-NEXTを使ってみる

31日以内の解約なら無料なので安心

 

スターウォーズはまだまだ終わらない

スターウォーズシリーズは、まだまだ続きます。
スターウォーズを全く観たことがない人でも十分間に合うので、まずはエピソード1から9を観ましょう。
その後には、以下の新シリーズを楽しめます!

実写ドラマ「マンダロリアン」

マンダロリアンの画像©ディズニー

スターウォーズ初の実写ドラマとなる「マンダロリアン」が、2019年12月26日からディズニーデラックスで配信開始。
マンダロリアンは「惑星マンダロア」の住人たちです。
とても好戦的な民族なため、マンダロア独自の画像のようなアーマーは銀河の人たちからも恐れられています。

ディズニーデラックス公式サイト

映画の新シリーズが制作中

スターウォーズの新作は、2022年12月12日、2024年12月20日、2026年12月18日にアメリカで公開予定です。
この新作は、エピソード1から9とは少し異なる時間軸のエピソードとして、描かれるようです。

ジョージ・ルーカスのDNAを大切に残しながらも、さらに新しいチャレンジをしてくれることに、大いに期待します!

 

スターウォーズの楽しみ方まとめ

まめしば
まめしば
ポイントをおさらいしましょう。
  • これからスターウォーズシリーズを見る人は、公開順に見ることで作品への理解と愛がより深まる
  • スターウォーズは2022年以降に別シリーズが立ち上がるので、今から見始めても遅くない
  • スターウォーズ作品を動画で楽しむなら、ディズニーデラックスとU-NEXTがおすすめ

スターウォーズにどっぷりハマってください~!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です