投資実績

【つみたてNISA】インデックス投資6ヶ月目の実績をブログで公開

インデックス投資実績 公開レポート
まめしば
まめしば
こんにちは、投資ビギナー・まめしば(@reds201871)です。

突然ですが、僕はブログや投資での稼ぎをどんどん増やして、海外旅行に毎年行くことを目指しています(当面は2022年サッカーW杯でカタールに行きたい!)。

こちらの記事では、僕が運用しているインデックス投資の実績を赤裸々に公開しています。

こんな方にとって、後押しとなるような資産の成長過程をお見せしたいです。

  • つみたてNISAって儲かるの?
  • 確定拠出年金(iDeCo、DC)って儲かるの?
  • そもそもインデックス投資って何?

記事を書いている僕は、こんな人物です。

まめしば
まめしば
  • 30代・会社員。
  • 年収は平均程度。
  • 投資開始にあたって書籍を5冊読んだ。

どこにでもいる普通の人間ですね。

あなたの周りにもいる「普通の人」が、あなたの見えないところで今日も資産を増やしているかもしれません。

その日々の積み重ねによって、資産の格差が時間に比例して拡大していくのが、積立投資です。

経験やスキルアップに投資しつつ、ちゃっかり資産形成しちゃいましょう。

知らないこと、わからないことを潰せば怖さも小さくなります。

まずはこちらの記事を知識習得のきっかけにしてもらえれば、こんなにうれしいことはありません。
 

記事のポイント
  • インデックス投資6ヶ月目は評価損益50,119円・評価損益率9.86%!
  • 楽天証券で楽天カード決済・ポイント投資を活用中
  • 楽天証券ならアプリを使って日経新聞を無料で読める

 

インデックス投資全体の運用実績

こちらが運用開始から6ヶ月目の全体実績です。

インデックス投資の実績

1~5ヶ月目の正確なログがないので、6ヶ月目からになってしまいました。。

拠出額も収益額もまだまだですが、堅調に推移しています。

おかげで「投資って楽勝、儲かったら海外旅行じゃ~」なんて下心はそれ以上に右肩上がりしてます。

まめしば
まめしば
※インデックス投資だからそんなハイリターンは無い

続いて、つみたてNISAと企業型確定拠出年金(DC)の内訳です。

つみたてNISAとDCの内訳

詳細は後述しますが、つみたてNISAの拠出額は33,333円/月、DCは10,000円/月です。

つみたてNISAの利回りが圧倒的に高くて、思わずニッコリ。

月額が大きいつみたてNISAが、これからさらに資産に成長ドライブをかけてくれることを期待しています。

 

つみたてNISAの銘柄別運用実績(6ヶ月目)

こちらが運用開始から6ヶ月目の、つみたてNISA全体の実績です。

つみたてNISAの投資実績

 
続いて、銘柄ごとの運用実績です。

つみたてNISAの銘柄別実績
銘柄別のつみたてNISA実績

 
個別の銘柄を簡単に紹介しますね。

すべての銘柄がノーロードと呼ばれる販売手数料が無料のものです。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

世界中の先進国・新興国株式の株式指数に連動します(東京株価指数・TOPIXの全世界版だと思ってもらえればOK)。

成長著しい世界中の企業に分散投資しており、信託報酬(管理費)も0.222%と低いため、とっても手堅くてお得に投資できるのが特徴です。

まめしば
まめしば
この商品はまじでおすすめです。債券版も早く出してほしいな。

eMAXIS バランス(8資産均等型)

名前の通り、バランス型の商品で、国内・海外の株式・債券・REIT(不動産投資信託)を均等に購入しています。

反対の値動きをする株式と債券をどちらも扱うなど、リスクヘッジに優れています。

信託報酬(管理費)は0.550%と、楽天・全世界株式インデックス・ファンドの0.222%より高めなので、抑えめに購入しています。

まめしば
まめしば
0.550%って、充分低いんですけどね。

世界経済インデックスファンド

株式・債券を50%ずつの比率で扱う商品で、こちらもリスクヘッジのために組み込んでいます。

地域は先進国60%・新興国30%・日本10%となっており(2019/10時点)、GDPシェアに連動して見直しがかけられています。

信託報酬(管理費)は先ほどのeMAXIS バランス(8資産均等型)と同じく0.55%です。

まめしば
まめしば
続いて、確定拠出年金(DC)です。

 

企業型確定拠出年金(DC)の銘柄別運用実績(29ヶ月目)

こちらが運用開始から29ヶ月目の、DC全体の実績です(りそな銀行を使ってます)。

つみたてNISAよりiDeCoやDCのほうが圧倒的にお得な制度なんですが、60歳まで引き出せないため、10,000円/月とひよった金額設定になっています・・・。

企業型確定拠出年金の投資実績

 
続いて、銘柄ごとの運用実績です。

確定拠出年金の銘柄別投資実績
企業型確定拠出年金の銘柄別投資実績

 
個別の銘柄を簡単に紹介しますね。

信託のチカラ海外の株式

DCの銘柄のうち、最も利回りがよくなってます。

秘訣は米国株式比率の高さ。

こちらの商品はMSCIコクサイ指数に連動するようになっていて、そのうち米国株が60%以上を占めます。やっぱアメリカは強い。

信託報酬は0.231%。

MSCIコクサイ指数は、日本を除く先進国22カ国に上場する大・中型株を対象にしたインデックスです。
現在1,327銘柄が採用されており、市場の約85%をカバーしています。

まめしば
まめしば
MSCIとは、モルガンスタンレー・キャピタル・インターナショナルです。

信託のチカラバランス株70

株式の組入れ比率を70%・債券等への組入れ比率を30%程度としつつ、円建資産に70%・外貨建資産に30%を投資する、バランス型の商品です。

あまり知識が無い時にリスクヘッジのためにと買い始めたんですが、なぜ持ってるんだろうというのが今の正直な気持ちです・・・。

リスクヘッジするにしろ債券の比率が低いし、成長がそれほど見込めない国内株式・債券が70%もあるし。。

信託報酬は0.209%。

まめしば
まめしば
我ながら情弱っぷりに驚きます。。。

DIAMDC8資産B新興国20

商品名にだいたい書かれてますが、8つの資産にバランスよく分散投資してリスクヘッジするけど、全体の20%はハイリスク・ハイリターンの新興国に投資するぜ という商品です。

この商品も、日本の株・債券・不動産が50%を占めることが気になってきました。

信託報酬は0.3795%と高めですし。

OneDC国内株式インデックス

TOPIX(東証株価指数)に連動します。

日本人として「日本はまだまだ成長できるし、自分の子ども世代のためにも頑張らねば!!」と思ってます。

とはいえ、海外のほうが成長速度はどうしても高くなるので、資産運用においては複雑な気持ちがしますね。

信託報酬は0.1540%。

信託のチカラ海外の債券

今月から新たに拠出を始める商品で、まだ実績がありません。

リスクヘッジのためにと選びましたが、DCで積み立てた資産を受け取れるのはあと20年以上先です。

なので、現時点で債券を買うほど手堅くいかなくていいかなと考え始めたところです(まだ買ってもないのに・・・)。

信託報酬は0.216%。

買付終了:大和住銀DC外国株式ファンド&大和住銀DC黒潮

ここまでのパフォーマンスは高いのですが、アクティブ投資かつ信託報酬(管理費)が高いので、買うのを止めにしました。

パフォーマンス良さそうだからと買っていたものの、長期的にはインデックス投資のほうがパフォーマンスが高くなると知ったことも、停止理由のひとつです。

まめしば
まめしば
アクティブ投資とパッシブ投資(=インデックス投資)の違いは別記事で紹介します。

 

つみたてNISAで使っている楽天証券を紹介

楽天証券のロゴCopyright© Rakuten Securities, Inc. All Rights Reserved.

つみたてNISAを始めるなら、僕が使っている楽天証券がおすすめです。

\最短5分で口座申込!/
楽天証券の公式サイトはこちら>>
口座開設は無料です。

 

楽天カード払いで積立額の1%分のポイントが貯まる

楽天証券のクレジット決済Copyright© Rakuten Securities, Inc. All Rights Reserved.

そもそも、積立投資でクレジットカードを使えること自体がまれです。楽天証券以外だと、マネックス証券しか見たことありません。

投資金額の振り込みや引き落としの設定が不要になるので、この時点で楽天証券がイチオシです。

しかも、他の買い物と同じように楽天ポイントが1%分もらえます。

\TRY NOW!/
楽天カードの公式サイトはこちら>>
年会費は永年無料

ポイントで投資できる!しかも楽天市場でポイント+1倍になる

楽天証券のポイント投資を紹介Copyright© Rakuten Securities, Inc. All Rights Reserved.

楽天証券で「楽天スーパーポイントコース」に設定し、月1回500円以上のポイント投資で楽天市場の商品がいつでもポイント+1倍になります。

さらに、毎月の積立や楽天カードの使用でゲットしたポイントをそのまま買付に使えるので、楽天からの積立支援金だと思って使ってます。

なお、+1倍には諸条件があります。投資信託への投資が対象ですので、事前にご確認ください。

日経テレコン(楽天証券版)が使える

iSPEEDの見た目Copyright© Rakuten Securities, Inc. All Rights Reserved.

僕はそもそも日経テレコンを使って日経新聞を解約するために楽天証券を開設した男でして、この日経テレコンが一番のおすすめポイントです。

日経新聞を購読している方、購読したいけど料金が高くて手を出したくないという方には、とっても嬉しいサービスです。

なんと、以下の内容がスマホアプリ「iSPEED」などから無料で閲覧できます。

楽天証券なら無料で読めるもの
  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)
  • 過去1年分の新聞記事検索
  • 日経速報ニュースの閲覧

※配信内容は、楽天証券用にカスタマイズされています。

日経新聞は質の高い経済ニュースが魅力的な一方、月額4,277円(電子版)というのは痛い出費ですからね・・・。

毎月4,277円の配当がもらえるようなものだと考えると、めちゃくちゃ価値が高いサービスです。

しかも日経MJといった関連紙も読めるので、身にしみてありがたさを感じています。

まめしば
まめしば
ちなみに、デメリットはアプリから紙面を閲覧するまでのタップ数が多い(6回)ことと、紙や電子版と比べると紙面の閲覧性が低いことです。
ただ、無料のため毎月4,227円(電子版)が浮くことは圧倒的なメリットです。
ほんとサイコー!

楽天銀行と連携すると金利が5倍アップ

楽天銀行との連携で、楽天銀行の普通預金金利が年0.020%から年0.10%へと5倍にアップします。

メガバンクの普通預金の金利(年0.001%ほど)と比較すると、金利が100倍になるということですね。

もしも100万円を預けた場合、メガバンクだと約8円の利息に対し、楽天銀行なら796円ももらえます。

楽天銀行は使い勝手が悪いので僕は利用していませんが、すでに楽天銀行に預金してる方にとっては、とってもお得なサービスです。
※金利はいずれも税引前

まめしば
まめしば
楽天経済圏すげえ・・・!
\最短5分で口座申込!/
楽天証券の公式サイトはこちら>>
口座開設は無料です。

 

 

記事のまとめ

こちらの記事では、「【つみたてNISA】インデックス投資6ヶ月目の実績をブログで公開」を紹介しました。

以下が記事のポイントです。
 

記事のまとめ
  • インデックス投資6ヶ月目は評価損益50,119円・評価損益率9.86%!
  • 楽天証券で楽天カード決済・ポイント投資を活用中
  • 楽天証券ならアプリを使って日経新聞を無料で読める

投資に迷っている方・僕のような投資ビギナーの方と交流したり、お互いに刺激を与えられるようになったら嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です